予約制 9:30~12:00/14:00~18:15(水・日祝休診)

オールセラミックによる修復、かぶせ物

  • 銀歯の状態

    治療前

    銀歯は口の中で酸化して縁が腐食して欠けたり、隙間ができたりしやすい金属です。そのため銀歯の中では虫歯が進行しているケースも多く見られます。また銀歯は目立つのでセラミックに変更する人も多いです。

  • 土台を作る

    治療中

    オールセラミックは金属を使わないので、アレルギーの心配がありません。ファイバーコアで土台をつくっているところです。ファイバーコアは弾性があり、透過しますのでセラミックを透明感のある歯にしてくれます。

  • 歯を被せたところ

    治療後

    色調を透過させるので、色に自然な深みが出てみた目がかなり綺麗になります。どこを治したのかわからないくらい馴染んでいます。審美歯科としても気を配ってできるだけ透明感があり、見た目に自然な状態にもっていくことが大切です。

  • 正面から見たところ

    治療前(正面)

    銀歯が目立ちます。この患者様は周りの歯が白くてきれいですので余計に銀歯が目立ちます。本人もそのことを気にして相談にきました。

  • 処置中

    治療中(正面)

    セラミックは欠点もあります。噛む力が強い方や、歯ぎしりのある場合に処置をすると、欠けてしまったり、割れたりしてしまいます。注意が必要です。ただ最近のセラミックは進化しており、割れにくくなっています。

  • きれいな歯並び

    治療後(正面)

    どこを治したのかかなりわかりにくいかと思います。とっても綺麗に歯を入れる事ができました。オールセラミックは自然な歯に見えるので違和感がありません。

▲PAGE TOP