予約制 9:30~12:00/14:00~18:15(水・日祝休診)

前歯の隙間をマウスピース矯正で治療

  • 前歯の間の隙間がある

    治療前

    前歯の隙間を埋める方法として矯正処置があります。また、人工物で埋める方法もあります。人工物は劣化するのでいつかはトラブルがでます。セラミックであれば、材料の劣化がすぐには起きません。しかし、やはり自分の歯が一番です。そう考えると、歯を移動させて隙間を埋めるのがベストだと思います。またインビザラインは再診料がかからないので、その点もワイヤー矯正よりもリーズナブルです。

  • 前歯の隙間がなくなりました

    治療後

    矯正治療のデメリットとしては、治療期間が長い、金額がかかる、治療後の後戻りを防ぐ装置を当分使う必要があるといったところです。また患者様の歯並びによってはマウスピースだけで治せない場合もございます。今回は、ワイヤーを使わないマウスピースでの矯正処置でした。隙間が無くなり患者さんも喜んでいただけました。

  • 凸凹の歯

    矯正の治療前

    時間もお金もかかりますが、歯に対するコンプレックスがなくなり、歯を出して笑顔で笑えるようになります。インビザラインは透明なので他人にわからないのが特徴です。

  • きれいなカーブ

    インビザラインでの治療後

    あおやぎ歯科のインビザラインは検査・診断料金が38,500円+基本治療費 99万円(税込)でこれ以上はかかりませんので、裏側矯正と比較しても安く治療ができます。

▲PAGE TOP