予約制 9:30~12:00/14:00~18:15(水・日祝休診)

マイクロスコープを使った精密審美歯科

マイクロスコープで治療中

マイクロスコープによる精密な虫歯治療や根管治療により、できるかぎり歯を残します。

マイクロスコープを用いると今まで見えなかったものが見えるようになり、虫歯の取り残しや無用に健全な歯を削ってしまう事を防げます。

よく見えるようになることで、あおやぎ歯科のコンセプトである「できるだけ歯を削らない」治療をより実践しやすくなります。

  • マイクロスコープとは?

    人間の肉眼での二点識別域は0.2mmが限界と言われています。
    マイクロスコープは肉眼の2倍から24倍に拡大して診ることができることで正確でより精密な治療ができます。

    今までは見えにくいところは歯科医師の経験による勘にたよった部分もありましたが、マイクロスコープによって治療部分を広く拡大し、明るくはっきりと見ながら治療することができるようになります。より正確な作業が可能となり、治療のレベルを格段に向上させることができます。

  • ZEISS Carl Zeiss
  • 日本での普及はまだまだ一般的ではなく、現在(2019年時点)でも全国の歯科医院でマイクロスコープを導入しているのは数%ほどという状態です。

    普及しない理由として、機器が高価なことやどうしても精密な治療に時間がかかってしまうためです。一般的な歯科医院では保険診療で治療をしており、限られた予算しか与えられていない日本の保険診療の枠の中で、マイクロスコープを使用した時間のかかる精密な治療はなかなか浸透しないのが現状です。

    あおやぎ歯科の保険適用外(自由診療)ではマイクロスコープを使用して治療をしていきます。

  • 奥まで詳細に見える

マイクロスコープを使用した精密根管治療 ※自由診療

歯の根の中には神経が通っているとても細い管があります。よく歯医者で「歯の神経を取ります」や「歯の根の中が膿んでいます」などと言われたことはないでしょうか。虫歯では、虫歯菌が神経に到達したり、外部からの刺激によって根の中の細い管に感染が進んでしまったら、その管の中を綺麗にお掃除して、感染物質を除去する必要があります。そのような歯の根の中の治療を「根管治療」と呼びます。

根管治療では、マイクロスコープは最も活躍してくれる治療の一つです。

根管は非常に複雑で細かいので、肉眼での治療では手探りで、感覚だけを頼りに治療をおこなってきました。マイクロスコープを使用することで、歯の内部を拡大させて、直接、根管内を見ながら正確に治療がおこなえて、治療の質を格段に向上させることができます。

マイクロスコープを使用した精密虫歯治療 ※自由診療

マイクロスコープで虫歯の患部を拡大して直接見ながら精密な治療をおこなうことができます。虫歯のみを削ることで健康な部分を残すことができます。また削った部分を埋めていく段階でも、マイクロスコープを使用することで、目では確認できないような僅かな段差も見逃すこともなく、より正確に充填(詰め物)をおこなえます。

▲PAGE TOP