予約制 9:30~12:00/14:00~18:15(水・日祝休診)

歯列矯正後の後戻り

ワイヤーで説明

矯正後の「後戻り」をご存知ですか?

矯正治療によってきれいになった歯並びが、元に戻ってしまうことを「後戻り」と言います。

せっかく整えた歯が僅かな隙間ができたり、僅かなデコボコができたり、ちょっと歯が捻じれてしまうなど、また乱れてきてしまう現象です。

なぜ後戻りが起こってしまうのでしょうか?

歯は生えてきたあとにずっと同じ形で同じ場所にあるわけではありません。少しずつ、形や位置が変化しています。

歯が矯正治療で動くということは、治療以外でも動くということです。矯正治療後のすぐは歯の根の周囲の骨はまだ弱く、不安定なため、歯が動きやすい状態です。矯正前の習慣のままの口やあごの動きを続けると、歯が後戻りしてしまうのです。

それではどうすれば後戻りを防ぐことができるのでしょうか。実は矯正治療では、後戻りを起こさないために「保定期間」と呼ばれる期間があります。保定期間中にしっかりと対処することで後戻りを防ぐことができます。

後戻りの原因

矯正治療が終了すると装置を外します。その日から何もしなくてもいいということではありません。その後も歯や歯の周辺組織を安定させるため、保定装置(リテーナー)が必要となります。

後戻りの原因はいくつか考えられますが、一番多いのが矯正終了後の保定期間中にリテーナーの装着を怠ったことによるものです。反対にしっかりとリテーナーを装着することで後戻りのリスクを大きく軽減できます。保定期間中にリテーナーを装着する期間は骨がしっかり安定するまでに必要となります。目安としては2年程度は保定装置を装着する事が必須となります。

また、後戻りの原因として歯ぎしり・舌癖・口呼吸などの悪い癖があります。無意識に行われることで、力が掛かり、歯が動いてしまうことがあります。対処法として舌癖は口腔筋機能療法(MFT)という訓練で改善することができます。MFTとは口腔周囲の筋肉バランスを整える療法です。舌の位置、口唇の位置、食べる、飲む、発音、呼吸などの改善を目的とした各種トレーニングです。あおやぎ歯科でもMFTをおこなっていますので一緒にがんばりましょう。

後戻りを起こさない矯正治療

歯並び

後戻りをしないためにはリテーナーをしっかりと装着することが重要ですが、歯科医師が矯正治療前の検査から患者様の歯並び・かみ合わせを把握し、適切な治療計画を立てて長期的な視点で取り組むことが必要になります。

矯正治療後の保定期間中もしっかりとサポートしていきます。矯正に関しましての不安や疑問など何でも結構です。お気軽にご相談いただければと思います。

▲PAGE TOP